合同会社 バイオ燃料 ( BioFuels,LLC )


バイオマス原料、バイオ油原料を通じエコな再生可能エネルギー社会の実現を目指します- 合同会社バイオ燃料(BioFuels,LLC)



バイオ原料:バイオマス原料、バイオ油原料、その他、バイオ油原料の情報を掲載します。 特にお薦めはジャイアント・ミスカンサス(国内の遊休地利用)、ポンガミア、エネルギー用超高収量竹(東南アジア、沖縄でのプランテーション化)の栽培です。

トップページ サービス内容 ガス化発電 バイオ油発電 バイオ燃料製造 バイオ原料 良くある質問 お問い合わせ

 

 バイオ原料

バイオマス原料、バイオ油原料 の情報を掲載します。 特にお薦めは、ジャイアント・ミスカンサス(国内の遊休地利用)、ポンガミア、エネルギー用超高収量竹(東南アジア、沖縄でのプランテーション化)の栽培です。
プランテーション化、或いは大規模栽培の実施では、収益性の観点から優良、均一特性の苗(クローン苗)、或いは少なくとも選抜種子の確保が必要不可欠です。

(1)バイオマス原料
ジャイアント・ミスカンサス ガス化発電、或いはボイラー用等のバイオマス原料は多々あります。
木質系チップ、或いはペレット等が売電(FIT)ビジネスでは、その電力価格(間伐材:40円/KWh、一般材:24円/KWh)から代表的な原料です。 但し、国産にしても、輸入にしても、多くは第3者を介しての購入となり、バイオマス発電ビジネスの最大の量的、価格面の不安定要因です。

国内に多々ある耕作放棄地を利用し、自前の原料確保も重要です。その例にとして、お薦めは代表的なエネルギー作物, 試験栽培も国内でし、組織培養(Tissue Culture)苗の輸入ルートも確立しているジャイアント・ミスカンサス(左記写真)です。

一旦、植栽すれば、20年間程度は無肥料で毎年冬季に収穫できます。120〜130ヘクタール程度で、ガス化発電なら1MW程度の発電ビジネスがFIT契約期間の20年間は継続できます。 国内何処でも栽培可能だと思われます。



多数ジャイアント・ミスカンサスの動画がYouTubeにアップされてますが、 右記は知り合いのアイオワ大のMs.Emily Seatonのジャイアント・ミスカンサスの動画です。海外から苗を輸入する折にお世話になりました。(英語版)。

エネルギー作物には、他にもドライ・ソルガムエリアンサス、ポプラ、柳、 ユーカリの他 ジャイアント・キング・グラス、『超高収量の竹』等の新顔もありますが、国内栽培にはいろいろ長短があります。

海外でプランテーションを計画し、輸入するビジネス展開なら、或いは沖縄諸島でも栽培可能な、この(超)高収量竹栽培もお薦め,面白いと思います。日本の竹とは収量も、物性も異なります。

単位面積当たりのエネルギ-量なら、バイオ油の10倍は採れます。例えば、(超)高温熱分解ガス化発電等の原料として最適です。 この超高収量竹のクローン苗(右側下段写真)、及びジャイアント・ミスカンサスのクローン苗の輸入も可能です。興味があれば、是非お問い合わせ下さい。

バイオマス原料の情報を下記に添付します。
1)『ジャイアント・ミスカンサスの成長の記録(1)〜(4)』の最近のBlog記事;4年目の成長記録(4)はこちらです
2)『多収量エネルギー作物の紹介』Blog記事はこちらです
3)『ジャイアント・ミスカンサスの組織培養幼苗の輸入紹介』Blog記事はこちらです



Highest-yield-Bamboo


(2)バイオ油原料
ポンガミア

ポンガミア組織培養
 現状、バイオ油(SVO)燃料を利用する <中大規模ディーゼル発電は、主に輸入パーム油を、中小規模発電なら廃食油に頼っていますが、将来のバイオ油の多様化、確保の安定化が重要不可欠です。

新たな樹木系非食用バイオ油候補ならジャトファ油ポンガミア油モリンガ油, 文冠果油カシュナッツ油等です。 SVO燃料としての直接利用に加え、バイオ・ディーゼル燃料(BDF)製造用原料油の確保でも同様です。

文冠果は中国内モンゴル地方の原産ですから、日本でも東北・北海道等で栽培出来そうです。下記写真の上段は中国東北部原産の文冠果の花です。
同様に,沖縄に自生しているクロヨナ=ポンガミヤ,及びモリンガ等も温暖な沖縄なら栽培できます。他は熱帯・亜熱帯地域限定です。
何れにしても海外からこれら原料油の直接輸入は可能ですが、相手先の信用情報、価格変動等の確認が特に重要です。この業界、いろいろ問題が起きています。

特に、単位面積当たり多収量(非食用)油が収穫できるポンガミア栽培なら数年で1ヘクタール当り5dから最大10〜12dもの油が長期に毎年収穫可能です。 海外(東南アジア、印度、アフリカ、他)で大規模プランテーションを自営で計画し、輸入するビジネス展開なら、或いは国内でプランテーションを計画するなら、沖縄諸島でも栽培可能な多収量ポンガミヤ (英語名はMillettia Pinnata, Pongamia Pinnata,Karanja,他):左上段写真)がお薦め,面白いと思います。短期間に安定収入を得る為、ポンガミヤ収量が少ない間(1〜10年)、他油植物(Castor,Camerina,Moringa等)の間作栽培(Inter-croping)法もあります。 これにより単位面積(ha)当たりの油収量・収入の最大化が可能です。

ビジネス展開を本格的に目指すなら、当然優れた優良品種の選択がプランテーション成功の第一歩です。更に、可能なら優良ポンガミヤ親木と同一遺伝子・油収穫特性を持つ大量の苗の確保となります。 この様な苗の生産法はいろいろ有りますが、輸入時の植物検疫をパス出来る無菌・無病状態の、通常は入手が困難な(クローン)苗(Micro-Propagation;左下段イメージ写真)がベストな選択です。 商業栽培用種子なら、少なくとも選抜優良種子(Elite-Seeds)の入手が最低条件であり、こちらも入手可能です。 プランテーション栽培なら機械化スペースも考慮し、100ha規模当たり40,000〜60,000株程度の植栽となります。
優良苗(種子)の確保と同時に、優れたプランテーション管理法の確立(必要ならコンサル等)も当然必要です。 海外を含め具体的な計画、或いは興味があれば、是非お問い合わせ下さい。
樹木系植物バイオ油の他に、草木系バイオ油(1年草)も、有望なひまし(Castor)油、キャメリナ(Camerina)油、洋麻(Kenaf),亜麻仁(Flax),他いろいろあります。 広く一般的な油は菜種油、大豆油、コーン油等が有名ですが、主に食用油と燃料油として使われています。

最近の最注目の類似バイオ油はエチオピア・マスタード油(Brassica-Carinata)だろうと思います(右側下段写真)。 アブラナ科菜種の仲間ですので、花も黄色で良く似ています。
注目理由は第2世代のバイオディーゼル技術(水素+触媒熱分解)を使えば、比較的簡単に多収率でバイオジェット燃料(Bio-Jet-Fuel)が製造できるからです。 通常の植物・動物油には殆ど含まれていない脂肪酸のエルカ酸(C22:1/Erucic-Acid)を大量35%前後も含んだ油が取れます。北米で主に栽培されていますが、多分国内でも栽培可能だと思います。

植物油系に加え、動物油系バイオ油も実際使用されています。主に家禽類(鳥,ブロイラー)、家畜(牛ブタ)類の油脂です。粘度が植物油に比べ高く使いにくいのですが、米国等には大量にあります。 一方、国内でも魚油(鰯、イカ)は豊富です。

ポンガミア、Carinataの動画はいろいろありますが、下記はその例です。ポンガミア、ジャトローファのBlog記事もあります。
1)ポンガミアの紹介動画(YouTube、英語)はこちらです
2)ポンガミアの紹介動画(YouTube、英語)はこちらです
3)『ポンガミアの紹介』Blog記事はこちらです
4)『ポンガミアのフロリダでの試験栽培(1)』紹介Blog記事はこちらです
5)『ポンガミアのフロリダでの試験栽培(2)』紹介Blog記事はこちらです
6)『ジャトロ―ファの紹介(輸入停止中)』Blog記事はこちらです
7)ジェット燃料用バイオ油植物Brassica-Carinataの紹介動画(YouTube、英語)はこちらです
ジャイアント・ミスカンサス

Brassica-Carinata

(3)その他、バイオ油原料
最も有望なバイオマス、バイオ油原料として、淡水性・海水性の藻類の 利用・研究開発が行われています。
日本でも実用化研究がされていますが、海外の方が実用域に近い(写真添付例)と思われます。 国内、海外ともに話題や期待値は大きいのですが、現状未だ有力なバイオ燃料とは言えません。
因みに、最近石油最大手企業のExxonMobilのR&D責任者でも、 商業化生産は少なくとも10年先と言っています。その前に、農業廃棄物等の燃料油化があります。

尚、藻の油を利用した合成ジェット燃料、合成軽油等も一部製造されています( 藻の油をクリックすれば簡単な説明と写真添付)。藻の油から通常のBDFも製造可能ですが、藻油の製造コストも高く、付加価値を付ける為などの理由からジェット燃料、合成軽油等へのビジネス展開が注目されている様です。

海草(海藻)類、水草類(ホテイアオイ)の利用も検討されていて、 こちらの方が先に実用化かもしれません。

『藻燃料の紹介』Blog記事はこちらです


再生可能エネルギー藻
尚、これまで紹介したバイオマス原料をわざわざ栽培しなくとも、本来の目的物の副産物のバイオマス原料化(ガス化/バイオ油)も極めて重要です。
例えば、パーム油の殻(PKS,EFB),ジャトローファ/ポンガミヤ油のサヤ、絞り粕、砂糖キビの絞り粕(バガス)、米の藁、籾殻、コーン/小麦の殻、製材(木材)のオガ粉、。。等です。
既に、これらはボイラー、ガス化原料等に有効利用されると供に、本来は廃棄物・不用品ですが、需要と供給の関係で価格が高騰している原材料もあります。
その他に、各種産業/農林魚業/一般/特殊廃棄物類も同様です。

以上、良くある質問(バイオ原料)はこちらです。

Copyright © 2018 BioFuels,LLC All rights reserved.
by BioFuels,LLC